前へ
次へ

賃貸における不動産経営のアパートとマンション

賃貸における不動産経営には、アパートによるものとマンションによるものが挙げられます。
アパートにおいては1棟、全部運営する事になり、マンションにおいては、1部屋からでも賃貸における不動産経営ができます。
アパートと聞けば、ボロアパートなどをイメージされる人もいるかもしれませんが、おしゃれなアパートも流行を見せており、マンションと変わらない賃貸物件も存在します。
あくまでも傾向として、アパートの不動産経営は、空室率が高まりやすく、マンションにおいては、空室率が低く抑えられる傾向があると言われています。
なぜならば、マンションが建てられている場所は、人が集まる立地場所に立てられている場合も多く、人が集まる中で、商業施設なども充実している場合があるためです。
ただし、アパートは、マンションと比べれば建設費も抑えられ、空室が現れても、入居者がいる限り収入を得られる場合もあるでしょう。
これらの話はあくまでも一般論であり、賃貸における不動産経営は、立地条件が最も大きな影響を与えるため、立地条件を第1優先するのが最も大切な話でもあります。

Page Top